読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたいでいいじゃない

現在双子妊娠中です。管理入院中のこと、子育てのことなど記録しています。

管理入院3日目 マグセント開始!副作用に耐えられるのか!?

マグセント。


そうです、副作用が強いことで有名なやつです。切迫で入院してたり、ネットで管理入院の方のブログを見まくってたらよく出てきますよね。
私、このマグセントってやつを、入院3日目にしてやられましたので記録しておくよ。




朝9時半からの診察の結果、頸管長が20㎜を切っていました。その先にも隙間があるから、実質14、5㎜だろうと。無情にも点滴と絶対安静を言い渡されました。

できるだけ病室の中で静かーーに過ごしてたのに短くなるとは。ビビったわよ。

10時からNST開始。
その10分後、ピンクの小さい可愛らしい点滴登場。最初は20分かけて一気に流しますが、その後はゆっくりと流していくことになります、と説明を受けました。(←この時点ではウテメリンだと思い込んでいたため、はーい、と何も考えず返事をする)

そして、点滴開始。


、、、

、、、え、う、、、なんか入ってきてる、、、きてるよ、、、きもちわる、、、、う、うわ、うわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわ


血管痛、そしてすぐに身体中が火照りだし、喉の奥も熱くなりました。汗もブブブブワー。看護師さんが保冷剤で頭を冷やしてくれましたが、それでも私の身体は燃えてい(るように感じ)ました。

NST中で仰向けだったのですが、センサーがどうとか構っていられないくらいその体勢がきつすぎて、ちょっとすみません!と横向きになり、柵をつかんで必死に呼吸。ぜいぜい。

大袈裟なのですがこの時、

急変→死!?

とか思いました。そのくらいの衝撃。

きついよね、きついよね、と心配してくれる看護師さんたち。しかし10〜15分後にはなんとか落ち着きました。でも、そのままNSTはきつかった。はやく解放してっ…!

落ち着いた後、これは筋弛緩の作用があるから全身だるくなる、と聞かされ、そこでハッとして点滴を見ると「マグセント」とばっちり書いてありました。

可愛いパックに入ってんだろ。うそみたいだろ?マグセントだってよ…

とりあえず10mlずつの継続投与のようです。

そしてこれから毎回、毎日、尿量を測ることになりました。取っ手のついたビーカーみたいなので測るのですが、面倒だし、毎回尿を眺めるのも地味につらくなりそう……


12時過ぎに採血をして、昼食。自分でも驚くんですけど、完食。座位がきついけど、食欲が勝ちました。すごく心配してくれてた看護師さんに、全部食べましたと伝えるの、ちょっぴり恥ずかしかった。


そして、午後からは夫が、主治医からの説明を受けるために来てくれました。

病室のカーテンを少し空けてこちらを覗き込みながら、主治医が

ほら、、、きつそうな顔してるでしょ。本当これね、地獄なんだって。

と夫に説明してくれていました。

でも実は、
いや、ちょっとだるかった気もするけど、その時点では、正直もう慣れちゃってた。ちょっと寝てたからぼんやりした顔してたんだとおもう。

でもなんかそんな風に言ってもらってるし、とか思って、ハアハア言ってみたりした。その期待に応えたかった。
それから「このくらいなんてことナイよ…双子のためだもん…☆」みたいなこと言って健気な母親を演じました。
夫、ごめんね。最初めっちゃしんどかったのはマジだぜ…!


と、いうわけで、私のようにすぐに慣れる人もいるみたいです。火照りはありますが、氷枕あればどうにかなりそう。

でもこの副作用には吐き気もあったりで、つらい人は本当に本当ーーにつらい日々を過ごされていると思います(/ _ ; )
この記事を、そんな人の旦那さんが見たらどうしよう。副作用の現れ方は人それぞれだということをお忘れなくー!!