読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたいでいいじゃない

現在双子妊娠中です。管理入院中のこと、子育てのことなど記録しています。

36週0日、緊急帝王切開で双子を出産①母体搬送

何の前触れもなくその時はやってきました。

双子の収まっている位置がよかったのか、リトドリンに慣れたためかはわかりませんが、座位保持、トイレまでの歩行はそれほど苦にならなくなっていました。

寝返りの時の腰の痛みや息苦しさはありましたが、よく聞く恥骨の痛みやひどい張りを感じることもなく臨月である36週を迎えることになりました。

 

 

体調がいいから、帝王切開の予定日(38週過ぎるころ)までもちそう。

覚悟は決まりました!などと看護師さんと話したりしながら一日を過ごし、もうすぐ夕食という時間に。

そこで突然、看護師さんにもう一度モニターをとらせてほしいと言われました。

昼のモニターで、双子の心拍が下がっているところが二ヶ所あったとのこと。

念のため、という雰囲気だったので特に不安に思うこともなくモニター開始。

助産師さんが当直の先生に報告する声が聞こえます。

真剣な表情でモニターを確認する先生。

え、まさか、くるのか?いよいよなのか?とそわそわする私。

 

 

そして一旦病室を離れた当直の先生と助産師さんが再び来室し、

「赤ちゃん、今は元気だけど、お母さんのお腹の中でたまに苦しくなる時があるみたい。赤ちゃんはまだ体重は小さいけど36週まできているし、そろそろ出してあげたほうがいいかもしれない。でも、そうなるとここでは産めないので他の病院に母体搬送することになるけど、いいですか?」

と。

 

目頭が熱くなるのを感じながら「お願いします」と伝えると、先生は他の病院へ連絡をとってくださいました。多分私めっちゃ鼻とかひくひくしてたと思う。

 

 

それから夫や実母に連絡をし、実家で長男を預かってもらい夫には直接搬送先の病院に向かってもらうことに。

しばらく同室の方と話したり部屋の荷物を片づけたりしていると、救急車が到着し、私はそこから車で40分ほど離れた病院へ搬送されることになりました。

看護師さんたちに「頑張ってね」と励まされ見送られると、少しさみしく感じました。

 

救急車に当直の先生が乗ってきてくださり、

 

「看護師さんたちみんな双子ちゃん楽しみにしてたから、さみしそうだった。連れてかないで~って顔してたよ。」

 

「大きなおなかで苦しかったでしょう。双子ちゃんは少し早く産まれてくるのは仕方ないことだからあまり心配しないでね。ここまで頑張ったんだから、お母さんももう楽になっていいんだよ。やっと赤ちゃんに会えるね。」

 

などと明るく話してくれました。じーんときた…

多分ここでの会話は一生忘れないだろうなあ…

女医さんだったのですが双子妊婦がかけられて嬉しい言葉をわかってますよね。

 さすがだなあ。

 

 

 

 

このように緊急の事態になりうるのだということはわかっていたつもりでしたが、実際その時が来ると赤ちゃんは本当に大丈夫なのだろうかと不安な気持ちになるものですね。

 

それと同時にやっと入院生活から解放される、と考えてしまう自分がいて、赤ちゃん、主治医、家族、お世話になった人たちに対して少し後ろめたさも感じました。

 

 

 

とはいえ、この時点では、搬送先で様子を見ながら37週まで待つことになるかもしれないということだったので、まさかその約2時間後に出産することになるとは思っていませんでした。

 

 

続きます。